エシカル風呂敷の特徴について説明します

ここでは、エシカル風呂敷の特徴について説明します。
「エコイスト」は、2020年7月31日に発売されたペットボトルの再生樹脂を
99%使用した再生繊維です。

レジ袋の請求をきっかけに環境意識が高まる中、「エコイスト」の注文が
次々と増えていて、これまでにエコイストは5,000個以上の注文を受けています。
(2020年12月現在)これは、一般的な500mlペットボトル約4.3本を再生して作られています。

そんなペットボトル約4.3本(幅3サイズ)を再利用する素材「エコイスト」は、
ペットボトルの再生樹脂を99%使用した再生繊維です。

エコイスト風呂敷の特徴

約4.3本の500mlペットボトルを再利用し、100cmサイズのトイレ敷を1本製造しています。

これは最高ランクの撥水性があり、かけん試験センターの
撥水試験(JIS L 1092)によると、撥水性は5年生で最高ランクです。

これは、水を運ぶのに十分な撥水性を表しています。
一般的に、レインコートはグレード2以上で撥水性に優れていて、
10回洗浄後も試験結果はグレード2以上です。

また、生地は軽くて風合いの良い織りなので、折りたたんで小さくすることができます。
そのため、とても便利に使用することができます。

京都のれんペットボトル再生生地はオシャレな風呂敷

100cmサイズのトイレ風呂敷は、約4.3枚・90cmサイズのトイレ敷約3.4枚・
70cmサイズのトイレ風呂敷約2.1枚です。

ペットボトルは、トイレ敷を作るたびに再利用可能です。
ご注文をペットボトルに換算すると、約17,000本の500mlペットボトルを
再利用したと考えられます。

京都市の発表によると、京都市民一人ひとりが年間約180本のペットボトルを
消費していると言われます。日本で1ヶ月に消費されるペットボトルを並べると月に届くそうです。

しかし膨大な消費量を考えると、約17,000本のリターナブル瓶はまだ小さな一歩です。
これは環境への大きな一歩で、発売以来多くのご意見をいただいているようです。

この資源の再利用や持続可能な社会への取り組みへの関心の高さに驚きます。
多くの方々のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

ものづくりに携わる者として、これらの素材を取り扱うことの社会的意義を再確認します。
そんな中で試行錯誤を繰り返し、より良い素材・風呂敷に使いやすい素材を見つけ
「エコイスト」に撥水加工を施すことがきました。

水を弾く風呂敷

包み方のアレンジがしやすい100cmサイズの風呂敷でも、重さは約105gしかありません。
また、撥水性のあるエコイストは適度な張りがあり、滑りにくく結束しやすいのが特徴です。




TOP |  弁当のふろしき |  集団行動学ぶ? |  ふろしきでお弁当を包む |  季節感のアイテム |  おしゃな風呂敷 |  風呂敷の歴史 |  お花見を存分に楽しみたい |  海外でも自由に行き来 |  水に弱い |  生地の取り扱い |  風呂敷製作メーカー |  包装紙の代わりに包む |  贈答品を渡したいときにつつむ |  サスティナブルな活動 |  非常時に役立つ |  オシャレなエコイスト風呂敷 |  エシカルコンシューマリズム |  サイトマップ |